PR

2ヶ月目の成長記録

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。
※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。
子育て
記事内に広告が含まれています。

1日1日観察していくと、少しずつできることが増えてきたなぁと感じます。

今回は2ヶ月になった、私の赤ちゃん(男の子)の成長記録を載せます。

①顔を見て笑うようになる

新生児微笑という反射的に笑っていたのが、「これは自分の意志で笑っているのでは?」と思えるような笑顔をするようになりました。

2ヶ月になって間もないころ、夜中の授乳時に、眠すぎて寝落ちしてしまいました。ハッと目が覚め、慌てて息子を見ると乳首を口から離して、にこっと笑いかけてきました。

あんまりにもタイミングが良くて、癒やされました。

たまたまかと思っていたのですが、その日を堺に目を合わせるとにこっと笑うようになりました。

②まとまって寝るようになる

親からアドバイスをもらい、新生児期を過ぎたこともあり、3時間ごとの授乳をやめてみました。すると0時から6時までぐっすり寝ました。

時々、4時〜6時の間に眠りが浅くなるのか、小さい泣き声(寝言?)をあげて起こされることがありますが、大人みたいに寝ていました。びっくり(・・;)

③首がすわってきた?

顔を左右にふるようになりました。音のなるものや動きがあるものをじっーーーと見つめるようになりました。動かすとその方向に顔を向けるようになりました。

④縦抱きが好きになる

今まで横抱きだったのが、急に縦抱きがいいと泣くようになりました。横に抱き上げると、もぞもぞ動いて不機嫌になります。

縦抱きにすると、まだちょっと首が不安定で心配になるのですが、縦抱きにするほうが寝てくれるようになりました。

⑤問いかけに反応する

読み聞かせを始めました。返却日まで同じ本を繰り返し読み聞かせをしていました。

ふと息子に「どの色が好き?」と絵本を広げたところ、この色がいいと絵本に触れました。

···いや、それは偶然でしょ!?って言われてしまいそうですが、親のやることや言っていることに反応しているように思えます。

⑥親の呼び方を工夫するようになる

今までは泣き方が1種類だったのですが、泣き分けをするようになりました。

「おなかすいたよ」→ギャン泣き

「オムツ替えて!」→不快な顔をしながら泣く

「だっこして!かまって!」→甘え泣き

一番面白かったのは旦那を呼び寄せた時のエピソードです。

誰かそばに居て欲しくて、短く泣いて反応させて、のこのこ旦那がやってきたので、にこっと笑いました。旦那は可愛すぎるのと計画的過ぎる合せ技に、やられた~と言っていました(笑)

⑦鼠径ヘルニアが···!

下腹部に謎の膨らみが。

なんとヘルニアでした。自然に治ることもあるようですが、すぐに治すには手術しか手段がないようです。(ただし体重が10キロないと手術は基本的にできないため、一般的には1歳頃になります。)

私も兄弟もヘルニアありましたが、1歳になるころには消えたそうなので、最低限のことをして気にしないようにしています。(詳しくは改めて書きます。)

以上!

2ヶ月目の成長記録でした。

早い成長なのか遅いのかわかりませんが、のびのびと成長しています。

NizUの生みの親、JYParkさんも言ってましたが、どんな子も産まれてきた時点で特別!

自分の赤ちゃんはどんな風に成長していくのか、観察していきたいと思います。

ご自身のお子さんや近所の子はどのように成長してるんだろう、こういうことができるようになったんだね!等、このブログの内容を読んで、小さい発見がありますように

この記事を書いた人
みやくま

みやくまは、夫と保育園に通う息子(1歳)、今年生まれたばかりの娘(0歳)合わせて4人で生活している共働きママです。(現在、産休育休中)
1人目を出産してから、急にお金のことを学びたくなり、簿記3級とFP3級を勉強中。お金の勉強の一環として、リベシティに在籍中。
読書が大好きで、毎週末息子と図書館にいっては上限ギリギリまで本を借りています。

現在、母乳育児をすることを言い訳に、1.5人前分の食事を朝昼晩+おやつを爆食中笑

みやくまをフォローする
子育て
スポンサーリンク
シェアする
みやくまをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました